画像サイズの変更

画像編集などは、ホームページ作成では欠かせないスキルであると言えるのではないでしょうか。挿入した画像のサイズを変更するには、マウスを使用し、画像のハンドルをドラックすることで自由自在に行えると言えるでしょう。また、ピクセル単位を使用してサイズの数値を指定することや、ウインドウの大きさに対して出力する割合を設定するといった方法でも行うことができると言えるでしょう。この場合には、画像を右クリックし、ショートカットメニューに表示される「画像のプロパティ」を選択することで行うことができますが、注意しておかなければいけない点として、フロントページエクスプレスでのサイズ変更があげられるのではないでしょうか。フロントページエクスプレスによって挿入された画像サイズを変更した場合、表示されている画面においての画像のサイズ変更がされているだけなため、画像ファイル自体のサイズ変更が行われていないとされるため、フロントページエクスプレス上でどれだけ画像を小さくしようと頑張っても、画像表示にはもともとのファイルサイズでの転送容量が必要になってしまうということが言えるでしょう。ストレスなく表示可能なページ環境を整えるためには、 画像編集ソフトなどを使用し、予め画像サイズの変更を行っておくべきと言えるでしょう。また、画像サイズをもとのサイズに戻したいといった場合には、同じくショートカットメニューから「画像プロパティ」のダイアログを表示し、「外観」タブの「サイズの指定」という項目のチェックボックスからチェックをはすすことで元のサイズに戻すことができるでしょう。

Be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です