会社でCMSを使うメリット

企業でCMSを導入することは、デメリットもありますが、もちろんメリットもあります。まず挙げられるのが「操作が難しくないので初心者でも作りやすい」「新しい言語を勉強しなくてもホームページ作成ができる」などという機能的な部分ですが、企業から見ると他にもたくさんのメリットがあります。まず、ホームページの更新費用がかからないという点です。もちろん社内での人件費は発生しますが、ホームページ制作会社に依頼をして更新してもらうことに比べると非常に安く済ませることができます。無料でホームページを制作してくれる会社であっても、この更新費用が高めに設定されていることも珍しくありません。また、更新をしたいと思ったときにすぐに更新をすることができます。実際に制作会社に依頼をして更新をするとなると、電話やメールで内容を伝え、見積書をもらって経費を決定して、そこから作業を開始してもらい修正依頼を出して…といった長々としたやり取りが必要になります。経理部など、他の部署とのやり取りも発生するためにどうしても時間もかかってしまいます。CMSを使って自分で作成するという場合には、このような面倒なやり取りは必要なく、更新する内容さえ決まっていればすぐにアクションを起こすことができるようになります。そのため社内が緊急でイベントを行う、臨時休業をするといったときにも、リアルタイムですぐに更新をすることができます。専門知識が必要ないため、社内で更新する人を分担しておけば、誰かが休んでしまっても別の誰かが変わりに更新できるという状態にしておくことができます。CMSは会社から見ても手間と費用を減らして、素早く対応できるシステムと言えるでしょう。

Be the first to reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です