コンバージョン率とキーワード

コンテンツ作成においてはキーワードの選定が欠かせませんが、このキーワードは色々な基準で選ぶことになります。その一つがコンバージョン率です。コンバージョン率とは、アクセスしてくれたユーザーの中で、購入したり、登録したりしたユーザーの比率を指します。つまりコンバージョン率が高ければ、そのキーワードで検索した人に訴求しているということになります。コンバージョン率が高いことで知られているワードとしては、比較、評判、お勧め等が知られています。これらは購入を前提として検索するからこそ使う言葉であり、単なる情報収集で使うキーワードとは質を異にします。例えば、「シュウマイ、レシピ」といったワードで検索する人は、情報収集を目的としていますから、「レシピ」のコンバージョン率は高くありません。さて、キーワードの選定に成功すると、次はユーザーの意図を分析する必要があります。そのキーワードを使う目的を知ることが出来れば、キーワードを入れ込む時に参考になるからです。この「意図」の分析はそう簡単ではありません。何故ならキーワードから連想される意図は表面的であることが多いからです。人間の心理は複雑で、表面に表れている欲求には必ず背景や深層心理が潜んでいます。それらをなるべく沢山探り当てることで、より正確に訴求するコンテンツが作れるのです。